自分の本当の気持ちに正直に活動した婚活

“私が真剣に婚活を始めたのは27歳頃からでした。

それまでは両親の知り合いや近所の人を通してお見合いの話がたくさんあったのです。

ところが27歳・アラサーの年齢になると一時は「もうほっといて」というくらいあったお見合い話が減ったな、とはっきり実感できるような状況になりました。

特に結婚を急いでいたわけではないけれど、今からでも始めたほうがいいと自覚して本格的に婚活しようと行動し始めたのです。

私はもともと黙っていても男性が寄ってきてくれるほど美人でもないし自分から積極的にアピールするほうでもありません。

むしろ自分の好きなことをしていれば別に一人で行動することもちっとも苦にならないのです。

それなので婚活をするなら相談所に登録するのが一番近道だろうと思いました。

幸い、勤めていたのは大手企業だったので福利厚生の一環として業界大手の相談所に登録できるシステムがありました。

まずはそこに登録したのですが、すぐに「もしかして失敗だったかな」と考えるようになってしまったのです。

相談所からは毎月一定の人数のお相手候補を紹介してくれたし、会員限定のパーティーもいろいろあってお見合いだけではない出会いも期待できるはずでした。

でも活動してみてすぐに「私は結婚よりも恋愛がしたいのだな」ということを実感してしまったのです。

相談所のセッティングでお見合いが成立し、当日にお会いすると必ず「この人を好きになれるかな」と思ってしまいます。

将来の生活の安定具合だとかお相手の家族のこととか「結婚」だけを考えたときによく考えないといけない項目が全く考えられません。

むしろ「一緒にいてドキドキワクワクするかな」ということばかり考えてしまいます。

無理だ、どれだけおつきあいしても恋愛感情は湧かない、と判断してしまうともうお見合いの時間は苦痛でしかありません。

結婚したらああして欲しい、こうして欲しいとか子供のこととかを話されると「好きでもない人とそんな苦労はしないわ」と思ってしまいます。

このままではせっかく私とお見合いしようと考えてくれた人に失礼だし時間の無駄だ、と考えた私は戦略を変えてみることにしました。

出会いなど関係なしにもともと興味のあったサークルや同好会などに片っ端から参加してみることにしたのです。

婚活をあきらめたわけではないので、人脈を広げてみたらどこからかご縁に繋がるかなといったくらいの気軽な気持ちでした。

ネットでメールフレンドを募集できるサイトを見つけてそこにも登録しました。

いろいろ試してみることは悪くないと考えたからです。

もちろん既婚者と仲良くなってしまうかもしれないとか、独身でも遊び目的の人がいるかもしれないといったリスクも十分に承知したうえでした。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、ということでしょうか、参加していたサイクリング同好会がらみで知り合ったのが今の夫です。

そこで知り合った仲間が彼氏やその友達とキャンプに行くからおいでよと誘ってくれたのに参加したのがきっかけでした。

アウトドア派じゃないし虫も嫌いな私は普段なら断ってしまうところを「面白いからおいで」と押されてようやく参加したのです。

参加したからには「虫嫌いです、アウトドア派じゃありません。」とか言ってられません。

もう歯を食いしばる勢いでテントの設定から食事の支度なんかを無我夢中でやりました。

みんな私が「サバイバルゲーム好きでキャンプも好きなんだ」と思ったそうです。

でも夫はキャンプの経験豊富でアドバイザー的に参加していましたから「こりゃ素人だな」とすぐに分かったということでしたが。

ただもう日焼け止めも気にせず、それこそ髪を振り乱さんばかりに頑張る私を見てなぜか「面白くて可愛い」と思ったと言ってくれました。

そのキャンプ後に参加者みんなで連絡先を交換したりして飲み会などするようになり、いつしか夫と私だけであったりすることもあるようになったのでした。

お見合いの場合だと数回のデートで短期間のうちに「結婚するかどうか」の決断をしないといけません。

もともと恋愛をしたい、と考えてしまう私としては「相手の人を好きになれるかどうか」から始まるので結婚まではすぐに考えることができなかったのです。

だから「まずはお友達から」のゆっくりペースが丁度よかったのだと思います。”

サブスク婚活 料金

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です