猫語のゴロゴロ、フミフミ

猫語がわかればどんなに猫の気持ちがわかることでしょう。
しかし、残念ながらいまだに猫語を翻訳できる機会は開発されてはいません。
でも、猫語って意外と簡単なんです。
代表的な物だけでも知っておきましょう。

猫語|ゴロゴロ
一番猫語でわかりやすいのが喉を鳴らす「ゴロゴロイ」ではないでしょうか?
この「ゴロゴロ」という猫の気持ちは旦那物でしょう。
それは「ゴロゴロ」と喉を鳴らし鵜ている猫は今の状況にとても満足している状況なんです。
ゴロゴロと喉を鳴らしている猫は
子猫時代に母猫のおっぱいを飲んでいる時
「ちゃんと出ているよ:」
「満足しているよ」
という意味でゴロゴロと鳴くそうです。
ですから「」買主に撫でられて気持ちの良い時には「ご色ごろ」と鳴くんですね。
この「ゴロゴロには」に田ヴァージョンがあり
「ゴロゴロ」のほかにも
「クルルルル」
「ググルググル」
などいくつかのパターンもあります。

猫語|ふみふみ

猫語はなにも鳴き声だけではあr地ません。
動作もれっきとした猫語です。
今回はその中でも
ふみふみ
について考えてみましょう。

右、左、右、左
交互に足ふみのような動作を「ふみふみ」と呼びます。
これは、飼い主の身体の上や毛布やクッションや飼い主のセーターや洋服の上でよく愛猫がしている動作です。

これも子猫時代の気を苦が関係している問われています。
子猫が母猫のオッパイ飲む時に乳の出をよくするために前足でおっぱいを揉むように押しながら飲みます。
その行為の名残で飼い主に子猫時代のように甘えたい時につい出てしまう動作なのです。
特にまだ若い1歳未満の猫によく出る動作ですが、成猫でも何かの拍子にうでています。
この「ふみふみ」をまったくやらない猫もいれば毎朝寝ている飼い主に「ふみふみ」で起こしに来る猫もいます。

猫語|すりすり

最後に「すりすり」という動作についても知っておきましょう。
一見猫が甘えている時の動作に目ますが、少し意味合いが違います。
猫が人や物に顔や体をこすりつける「すりすり」は主に自分の臭い(フェロモン)を付ける行為なのです。
そにのいをこすりつけて
「ここはわたしうのなわばりよ」
「この飼い主はわたしのものよ」
と主張しているのです。
にゃんがーどの口コミ|クソ高い値段の価値は本当にあるのか?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です