スマートフォンをお風呂にまで持ち込む夫はやはり怪しい

夫の浮気を疑う大きなきっかけは、スマートフォンの扱いが変わってきたというものだそうです。

トイレの中も(これは昭和のお父さんが、新聞を持ち込むのと同じかもしれませんが)、お風呂の中にまで持ち込むそうなんです。

そういえば、スマホがお風呂の中で使えるケースのようなものが売られていますね。私、誕生日のプレゼントにもらったことがあります。

もちろん、私は浮気などしてませんよ。

あと、着信音がなっているのに、妻の前では絶対に出なかったりすることもあるそうです。

浮気相手は、土日や平日の夜に電話なんかしてくるのですね。男性も止めるように言えないのでしょうか。

スマホの置き方も必ず裏を向けていたりするそうなのですが、LINEのポップアップが出て、会話の一部が見えたりすることへの対策なのかもしれません。

それに男性の名前でやたらに電話があるのもなんだかおかしいですよね。

そこまでして、浮気がしたいのかとも思いますが、そのスリルがまた二人の気持ちに火をつけるのでしょう。

でも、妻が探偵でも雇って浮気現場(ラブホテルへの出入り)を写真におさめたりした場合は、言い逃れができません。

離婚裁判になったら、夫にも100万円~200万円以上の慰謝料が発生する可能性が高く、相手の女性にもそれなりの慰謝料が発生します。

妻が関係修復を希望すれば、浮気相手の女性に、夫と別れなければあなたを訴えますよと交渉することもあり、これが関係修復を望む人の間ではメジャーな作戦だそうです。

浮気相手も訴えられるのが嫌なので、別れる場合が多いでしょう。でも、浮気するような夫はこの女性と別れても、また同じことを繰り返すかもしれません。

そのときは、夫の浮気癖は治らないとあきらめて、多額の慰謝料を要求するのもいいかもしれませんね。

結婚するときは、お互いに気に入って結婚したと思うのですが、何年、何十年と結婚生活が長くなると、こういう夫婦も出てくるんですね。ちょっと寂しいですね。

探偵 浮気 調査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です