思春期は大変

自分の思春期はどうだっただろう。娘を見ていてこんなにこんなに憎たらしかったのか・・・と思ってしまった笑

娘も自分の感情をうまくコントロールできないジレンマと学校のストレスや勉強に対するプレッシャーなどなど多くの思いを抱えて日々必死に生きてる娘を見るとすごいな~って思います。

私ここまで考えていなかったな~って思います。その日、その日々を友達と楽しく過ごせたらそれでよかったんです。毎日楽しく過ごす事だけに命をかけていました。

そんな必死に悩める子羊娘ですが、最近はスキンケアに目覚めたようで毎日のようにドラッグストアに連れて行かされます。

今の時代の思春期の女子はほんとに色々あります。携帯も一人1台の時代だし、見えないストレスが出てくる。それを保護する事が出来ないのが親としてのジレンマ。

ですが、必死にそのストレスの中で勝ち抜こうとしている娘を見ると過保護と言われるけれど(主人に)そんなことはスルーで娘と時間の共有に全力をかける日々。

お肌が荒れてきた・・・

ニキビが出来た・・・

髪がぱさぱさだ・・・

etc

ほんと毎日これだけ問題が出てくるものかと感心する。とりあえず一通りスキンケア商品をそろえると納得するかな~と思い付き合ってみる。

最初は肌荒れした自分にイライラして機嫌も悪かったけれど、見ていくうちにこれが良い!これはちょっと・・・と教えてくれるようになってきた。私は無頓着な方なので逆に教えてもらうことで自分のスキンケアを知った気がします。私のアドバイザーですね。

そんなことをしているうちに、ストレスの流し方が少しわかってきたのか、イライラする時間が減ってきた。嫌なことがあってもそれを感情でぶつけるんではなくて落ち着かせながら話してくるようになったので1つ成長したなあって嬉しくなりました。

笑うことが増えてくると自然とお肌の調子もよくなってきて、そうすると日々の生活も楽しめる様になってきたそうです。お肌も、髪も内面もほんとに色々なかかわりがあることを体験できた中学の思春期娘話でした。Dr’sホワイトセラミド 口コミ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です