今は薬剤師の業務がどんどん拡大している時代

日本が少子高齢か、資源・エネルギー問題などに直面しているのはご存知の通りです。
そこでアベノミクスとして近未来に達成すべき社会像、成果指標、ライフスタイルの設定、戦略分野ごとの施策展開
などのロードマップが出されました。
そこにおいて健康医療分野でも大きな舵取りが変わったのです。
「戦略的市場創造」の筆頭に「国民の健康寿命の延伸」が取り上げられました。
これは治療もさることながら「予防」樋おう点も注目されています。
具体的には、
一般医薬品のインターネットでの販売の解禁
薬局を活用した健康情報拠点づくり
医療情報の利用活用推進と番号制度導入
などがありあmす。
これらは薬局業界にも大きな変化を求められるようになりました。

2014年のp「日本再興戦略」では、
医療介護の持続性と質の両立
健康増進と予防のインセンティブを高める
公的負担の低減と公的保険外の多様なヘルスケア産業の創出
も打ち出されました。

そのため「医師以外の薬剤師の役割も拡大され、電子処方箋・地域ほうkじゃつケアシステムなどの推進
スイッチOTC薬の推進があがっています。

医療の形も「病院完結型」から「地域完結型」へと変化を促すようになてきました。
これは、今後の社会保障制度を改革進める上で基本的なスタンスとして位置づけられ、薬局薬剤足業界大きな関心を寄せています。
ここで特に薬局薬剤師業界においては「大病院の外来規制」です。
これは医療機関の機能の分化・重点化・効率化の一環です。
中でも外来診療においては専門医療重視し、安易な受診を大病院では受けられなくなってきました。
一般外来は中小の病院や診療所が担うようになってきたのです。

病院の外来規制については200床以上の病院を受診した場合、初診料に加え各医療機関で設定された特別料金を徴収されるようになってしまいました。
2012年の診療報酬改定によって、特定機能病院や地域医療支援病院に患者は紹介状を持たずに受診した場合に病院側が受けとる初診料引き上げられ、その分は患者が負担することとなりました。
薬剤師 ブランク 勉強方法

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です