しみ抜き裏ワザ

大事な洋服ほどシミがつくものです。
ここではしみ抜きの裏ワザを消化しひてみます・

醤油のシミ汚れはその場でキスして吸い取る

シミになるものが洋服に付いたらその場ですぐに摂るのが鉄則です。
しかし、食事中に洋服にこぼしたソースや醤油はお手拭きやナプキンでゴシゴシこするのは逆効果です。
醤油などが」どんどん洋服の奥深く好悪は二にしみわたっていってしまいます。

損あ時は即座にキスをしてすいとるのが裏技です。
まわりの目が来なるのならさっとトイレに駆け込んでチューチュー吸い取りましょう。
気を付けることはまず口の中をゆすいで綺麗にしてから行うこと
口紅などがつきそうなら、口紅はまず落としてから行うことです

おしょうゆなどはこれが一番高岡的だと私は思います。

後で気づいたシミには

洋服にについてシミに気づいたのはいいけれど、それがなんのシミかわからないこともあります。
そんな場合はまず水で叩いてみて落ちるものかどうか確認してみましょう。
それで落ちるのであれば水溶性のシミです。
これは先ほどの醤油の場合もそうです。
これで落ちないのなら厄介な油性のシミになります。
こうなると何かしらの洗剤を使って叩いてみなければなりません。

シミ抜きは天気を選べ
しみ抜きは晴れのお天気のひよりも曇りの日をおすすめします。
晴れた日は茎が乾燥しているので、しみ抜きに使う洗剤や水分の蒸発が早すぎることがあります。

そうするとシミのまわりの汚れが残りお安くなります。
逆に曇りのh時はyつっきり蒸発するので綺麗に落ちやすいのです。

しみ抜きは中から外へが基本

しみ抜きは首位から叩いてだんだんちゅしんぶへ行う人が多いですが、これはあまりおすすめできません。
周囲のまわりの部分のシミを落としても中心部のシミから、また周囲に広がっていきます。
これではまた二度手間になります。
まずは中心部から攻めて行って、それから周囲のまわりのシミの部分の攻めていきましょう。
カナダグース クリーニング

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です